記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

対振り右玉 △3二金型四間飛車の狙いと対策①

はじめに四間飛車の3二金型は一般的に居飛車に対する急戦対策とされています。左辺を左金で増強して、急戦に備えようという狙いがあるのです。他方で、右玉は急戦するような戦法ではありません。どちらかと言うとじっくり駒組みをしてから仕掛ける戦法です。したがって、右玉に対して四間飛車が△3二金型に組むことは一見すると四間飛車の作戦ミスのように見えます。私も昔は、「こいつ右玉を右四間と勘違いしてんな。ラッキーw」...

続きを読む

対振り右玉 ▲6五歩の仕掛け 結論まとめ①

はじめに対振り右玉で▲6五歩と右玉が仕掛けたときの結論を体系的にまとめてみました。後手は四間飛車となっていますが、向かい飛車や三間飛車でも結論は変わりません。むしろ右玉が良くなるケースが増えます。各変化の詳細と6筋に飛車が回った場合の仕掛けについては後日改めて記事にさせていただきます。△同歩─▲5五歩△同銀▲6五桂△同桂▲同飛┐                    ├△5四金▲6一飛成△6二飛 右玉よしだが、難解 ...

続きを読む

対四間飛車右玉 戦型 まとめ①

6七銀型対四間飛車6七銀型右玉。7筋で1歩を手にした後5筋の位を取り、角銀桂を使って6筋7筋方面から攻めていくのが基本形。他の狙いとして、棒金や相手の攻めを受け潰してからの入玉がある。図では、1筋の端歩がはいってないが、既に駒組みが済んでて余裕があれば突いた方が得になることが多い。 メリット・囲いのバランスが良い。4七銀型雁木を反転させたような形で、▲5七玉▲6八玉と左に玉が逃げることができる。 ・7筋歩交換から...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。